NationalRS-4250(ステレオMAC-ST5)整備

| EDIT

MACといえば、昔は松下さんでしたがねぇ・・・

b0046478_2311087[1]

今じゃあ、リンゴマークですか・・・



vさんのラジカセ整備基本理念

①昭和文化に敬意を示し、限りなくオリジナルの状態に近づける整備をします。
②内部・外部とも完璧に清掃し、現存する個体の最高峰を目指します。
③無謀な改造は、火災や電波障害の元になる事を啓発して行きます。
④デタラメな改造を「整備」と偽り、高額で販売する輩に警鐘を鳴らします。
⑤周波数調整等、高度な整備はプロに委ねます。(スキルと機器がアリマセン。)
⑥一度手を入れた物は自己責任です。転売は決して致しません。

「旧家の蔵から出て来ました。」という言葉が好きです・・
限りなく、イジラレテいないそのままの中古品が連想できるからデス・・

念願のpioneerランナウェイSK-95を手にしてから、松下派としては当時の
看板ステレオラジカセ機がどうしても欲しくなるのです。これ、必然です。



「私感ですが、傷もなく欠損もない良好なコンディションです。」という言葉が大好きです・・
「ラジオは、受信している様です。残念ながらカセット部が不動です」という言葉はもっと好きです。
市場に出るにはジャンク品となり、格安で手に入るからです。

ご紹介が遅れました・・
FM/AM ステレオラジオカセット NationalRS-4250(STEREO MAC ST-5)
1977年10月発売。当時64,800円! ひぇーーーっ!!

どうです?ブラックマスクのタフな奴・・・憧れなんてもんじゃあアリマセン!
現物を初めて拝みましたぁーーー!!




さて、相場よりも格安で手に入れたこの子の症状は・・・
① 汚い! 爆! まあ、汚い方が信用できます。変にイジラレテいないでしょう。
② 左側のスピーカーネットが緑色??に変色している・・塗装が必要でしょうかね・・
③ ラジオは受信するものの、「バリ音」がハンパない! これも、簡単に治せます。
④ カセットのモーター音はするものの、駆動しない。 軽傷である事を祈りましょう・・



とりあえず、三枚おろしにします・・・
確信しました。この子、未開封デス! 外したネジの状態で解ります。
「男は、いつも最初の男でありたいモノナノダヨ・・」 あ、スルーしてねん!



そして、カセットが駆動していない原因のひとつが判明デス!
ゴムベルトが経年劣化の為、ちぎれて空回りしています・・・
後で、新品に交換しましょう。ただ、これだけで音が鳴る保障は何もありませんが・・・



清掃作業を始めましょう。慎重に部品をバラシテ行きます。目印も忘れずに!



うぉーーーっ!!汚なっ!! 36年間の埃が層になっています。 わーーい!



さて、「三枚おろしの半身」はぬるま湯と中性洗剤((ママレモン)注:我が家ではJOI)で
赤ん坊を湯あみさせるように、優しく優しく洗い上げます・・・

ん???
お湯が、緑黒く変色して来ました・・・何と、左側のスピーカーネットが綺麗になりましたヨ!
旧家の方々・・・何を塗っておられたのでせうか?? 秘伝の膏薬?? 爆!
これで、塗装というあまりしたくない修復工程が削れましたぁ!
我が家のラジカセは、こうして数ヶ月間ライムの良い香りがするラジカセになります・・・



さて、ゴムベルト交換です。手持ちの50種類のサイズのどれかが使えるでしょう。



適当なサイズを適当に装着シマス! ・・・日本語ってむづかしいねぇ!



音が鳴る保険に、ヘッド周りをコレデモカ!!とビッカビカにシマス・・・



組み上げます。本当にしっかり元に戻さないと配線の余裕が1㎝も無い様にできてます。



基盤も、いつものように幕が開きぃーー・・ いつもの様にヘコタレルまで磨きます!
スイッチ類、ボリウム類のコンタクトスプレー塗布も念入りに施します。



通電し、コンタクトスブレーで「バリ音」が無くなったか確認します・・



カセット内部はアルコールで綺麗に清掃し、軸が正常に回転するか確認します・・



筐体は、一度シリコン製のケミカルで艶を蘇らせてから、クリーンボーイで磨き上げ
さらさらの状態にします・・
良く、アーマオール等のケミカルを必要以上に噴霧して、ベトベトテカテカ状態でご満悦
なさっている方を拝見しますが、間違いです。サラサラ艶やかが正解デス。



あ、カセット鳴ったか?って??
その前に、もう少しだけおっさんの講釈にお付き合い下さいマシ・・・

NationalRS-4250(STEREO MAC ST-5)に欠かせない小物といえば・・

wingsince2006-img600x400-1362467434qlloo183265[1]

こいつデス!

wingsince2006-img600x400-1362467435ezdexh83265[1]

Technics ステレオマイクロホン RP-3210E!!
箱付き、取説付き、部品付き! こんなものを1000円で出品するお方・・・神デショウ!!



バーーーン!



バ、



バーーーン!



あ、鯨も倒しちゃう背番号4番のジャイアンツのピッチャーじゃあありませんよ・・・
こんな画像見たら、昔のミキシング小僧は興奮してチビッチャウんじゃあないですかねぇ・・・



あ、カセットね・・・はい。





暫く、トキの飼育で忙しくなりそうナノデ・・・予告はナシネ! 爆!!

スポンサーサイト

COMMENT

V兄ぃ

こんばんは GASHOBです。

確かに、MACと言えばNationalでしたよね。
私はSony派でしたけど。
36年前に650000円というのは、びっくりするお値段ですね。
今だといくらになrんだろか。。。
でも、この頃は数万円もするラジカセが売れていた時代です。
ラジカセの絶頂期かもしれませんね。

ラジカセから流れる松山千春の「これ以上」。
泣けますね~。涙なしでは聴けません。

ちょっとメンタル面で凹んでいる私には癒しになる贈り物でした。
ありがとうございました。

GASHOB #- | 2013.03.27(Wed) 21:14 | URL | EDIT

がーさん!! オハヨ!!

大丈夫?? ゆっくり静養してね!

ホント、当時の65000円って、きっと今で30万位じゃあないかなぁ・・・

この子は、奇跡的に諭吉でおつりが来る価格で手に入れました。

良い時代の名機達、本当に出来が良い。見て、触って感動しますよ!

選曲もビンゴだった様で、安心しました。

とにかく、無理は禁物。ゆっくりネ!!

vさん #- | 2013.03.28(Thu) 05:51 | URL | EDIT

我家にもナショナルMACのこのタイプが幅を利かせてました。
私が利用してたのではなく、おやじが愛用してました。
その影響かオヤジ亡きあとも今だにお袋はラジオ派です。
もうMACは無くなりましたけど。

ラインご招待ありがと!
黙っててもツナガルノネ。わからんうちにラインにはいってもうた。
なんか初心者には恐い存在ですが・・・。

ふき #- | 2013.03.29(Fri) 21:16 | URL | EDIT

ふきちぁーーーん!! 今晩は!!

ごめんね! 職場にスマホを置いて来てしまって・・今確認しましたよ! 爆!

そうそう。以前コメントで「ステレオMAC」を愛用だった・・と書いて頂きましたよね。

やはり、このST-5でしたかぁ! 一番カッコイイですよね!!

お父様、お母様の愛用品になっていましたか・・尚更、大切にしますね!

今日はプチツーですか? 気を付けて!!

今年もどこかでお逢いしましょう!!

vさん #- | 2013.03.30(Sat) 07:26 | URL | EDIT

POST COMMENT


TRACKBACK

TRACKBACK URL

↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。