vさんの、「昭和おやぢ的ココロ」ダーッ!!

| EDIT

三月ですねぇー!!




信州の春はまだ浅いデスヨ! 気をつけナハレヤ!

記:昭和88年3月2日

故、小沢昭一御大に敬意を表して・・・遅い??

そう言えば、御大のお名前・・昭一。昭和元年生まれでしょうか??
・・検索・・違いました。昭和四年のお生まれでした。合掌。


さて、唐突に「私鉄沿線」

私鉄沿線(してつえんせん)は、1975年1月に野口五郎がリリースした
15枚目の シングル。 作詞を担当した山上路夫が、若い頃によく乗った
郊外に向かう私鉄の沿線をイメージして作詞した曲である 。byヴィキペ


野口五郎とコロッケの代表曲ですねぇ! 名曲デスヨ。

1975=昭和50年、私当時中学一年生。

ガキながら、この歌詞の主人公である女々しすぎる男にイライラしてましたねぇ!

♪改札口で君のこといつも待ったものでした
電車の中から降りて来る君を探すのが好きでした
悲しみに心とざしていたら花屋の花も変りました
僕の街でもう一度だけ熱いコーヒー飲みませんか
あの店で聞かれました君はどうしているのかと

「ハッキリせんかぁーーーーーーーーーーーーーい!!」

しかも、3番の歌詞の最後・・・
♪ひとりだけでこの街を越せないまま君の帰りを待ってます・・・

「アホかぁーーーーーー!そりゃ振られるワーーーッ!!」

・・・・



さて、このジメジメ男に三下り半を叩きつけた女性はどこへ行ったのでしょうね?

私の推理では、2年程私鉄沿線沿いに暮らして、
この情けない男の成長を影から見守っていたんですよ・・・

でもね、花屋の花が変わってもこのしょーもない男が一向に成長しないので
新しい男と、初春の信州に旅立ったのですよ。

8時ちょうどの新宿発松本行きでしょうね・・・




あずさ2号(あずさにごう)都会での愛する人との暮らしに終止符を打ち、新しい恋人と特急
「あずさ2号」に乗って信州へ旅立とうとするヒロインの複雑な心の内を歌った曲である。
1977年の大ヒット曲となり、新人歌手であった狩人を一躍スターの座に押し上げた。
byヴィキペ



ま、当然っちゃ当然でしょうな!!

この二曲、脳内リミックスするとちゃんとアンサーソングで成立しますよ!
あまりやりすぎると、原曲忘れますから程々に・・・


(しょーもない男)
♪僕の街でもう一度だけ熱いコーヒー飲みませんかぁ~
あの店でぇ~聞かれましたぁ~君はどうしているのかと~

ジャン、ジャン、ジャン、ジャン、ジャン、ジャン、ジャン、ジャン~

(現実主義なねぇちゃん)
♪さよならはぁ~いつまでたってもぉ~とても言えそうにぃ~ありません
私にとぉってあなたは今ぁもまぶしいひとつのぉ青春なんですぅ~う~
8時ちょうどのぉあずさ2号でぇ私は私はあなたからぁ旅立ちますぅ~



あ、信濃路はまだ寒いですよ・・・キヲツケナハレヤ!!

スポンサーサイト

COMMENT

V兄ぃ

こんばんは GASHOBです。

信濃路はまだ寒いですか。
カラオケにいくと、必ずこの曲を歌います。
というか、歌わされます 苦笑。
本当にお世話になってるので、いつかあずさ2号に乗ってみたいとは思っているのですが、まだ動いてるんでしょうかね。

野口五郎も、野口五郎岳から名前をとったんですよね。
この山は長野県ですかね。
歌手の名付け親になるなんて、なかなか長野の山も洒落ていますよね。


GASHOB #- | 2013.03.03(Sun) 21:33 | URL | EDIT

がーさん!! 今晩は!!

流石、解りましたかぁ!! この二曲に共通するワード・・信州!

確か、野口五郎岳は、大町市の野口地区に由来していた筈です・・・

まだまだ信州は寒いけど、こちらの方はそろそろ日中には乗れそうダネ!

でも、天気の良い日は昨年以上に百姓が忙しくなりそうデスヨ・・・

また、計画を立てましょう!!

今年は、どこ行く?? ん???

vさん #- | 2013.03.03(Sun) 23:36 | URL | EDIT

POST COMMENT


TRACKBACK

TRACKBACK URL

↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。