三丁目のラジカセ「参戦」

| EDIT

パイオニアrk888[1]

おやじは、2回も・・・




はい。そのとおり。
昭和87年9月7日(本館にて掲載)

「あるメーカー」が、遅ればせながらこの戦いに参戦して来たのを期に、
にわかに戦況が一変シマス・・・

パイオニアrk111
pioneer RK-111 1976年 20,600円

メタルチックでメカニカルな高級外装・・圧倒的な音質・・
当時の中・高生のハートを摑むのにさほど時間は掛かりませんデシタ!

そうです。その「あるメーカー」とは・・
当時「高級オーディオメーカー」としてその地位を確立していた
あの、pioneerでした。
パイオニアrk666
pioneer RK-666 1977年 39,800円

パイオニア・ラジカセ・・・
RK-666 この機種が初めて、「ラジカセ」という略称を世に出したのデス!!

ダミアーーーン!! 爆!!

もし商標登録が認められていれば・・・大変な事になったデショウネ・・・
当時の通産省、解ってたなぁ!

パイオニア親父は2台も・・
pioneer RK-888 1978年 44,800円

このメーカー、キャッチも洒落てマシタ・・センスの良さも若者の人気に!

パイオニアRK-999_1[1]
pioneer RK-999 1979年 49,800円

最新鋭999のターゲットはただ一つ・・・
・・・ソウデス。あの王国の主力戦闘機・・・進化したstudio1990.

ソニーcf1990[1]
SONY CF-1990 (studio1990) 1979年 49,800円
バリエーション拡大を積極的に行った「スタジオ」シリーズが、
全機種の最高位に位置するトップエンドとして完成させました。
スピーカーは16cmウーファーと5cmツイスターからなる2ウェイ仕様。
口径をはっきり主張するパンチド・メタルの成型を使っています。
この大口径スピーカーは従来のラジオカセットにありがちな音質の
貧弱さを解消し、数多くのフォロワーを生み出しました。
70万台を超える歴史的セールスを記録したことでも知られています。
(Sony公式ページより)

----さて、ここでコーヒーブレイクデス----

1970年代が終わりを告げる頃、「モノラルラジカセ」の上位機種開発を
各メーカーは、こぞって中断します・・・
何故なら、時代は「ステレオ」を求めていたからデス!

実は、ステレオ機種は以外と早く開発されており、
ソニー総合1973
初のステレオラジカセ・SONY CF-2550 1972年10月46,800円 写真奥
この1973年版、SONY総合カタログにも掲載されています。
当時としては値段が高すぎた事、ステレオ対応番組が稀有だった事もあり
売れる商品ではありませんでした。


カタログでも隅に追いやられ、細々とモノラルの主力組と共存していました。
ソニー総合51年
1976年版ソニーカタロク゛ 一番奥がステレオ機。

しかし、1970年代も終わる頃、モノラルの最上位機種が遂にステレオ機の価格
を凌ぐ事になります・・・49,800円!

又ラジオ番組もステレオ化が進み、テープもハイファイ対応の高品質な
モノが売れて行く状況の中、自然と消費者はステレオ機種に流れて行くのです。

そして、その「第二次ラジカセ戦争」を牽引する事になるのは、
「高級オーディオ」メーカーのpioneerなのデシタ!!

そう。あの名キャッチを引っさげて・・・
「父は本を持って家を出た。僕はランナウェイと汽車に乗る…」

----コーヒーブレイクおわりデス----

それでは、「第一次モノラルラジカセ戦争」終焉期の各社の名機を!

NationalさんのMAC・・・ここまで進化シマシタ!
ナショナルハイファイMAC
音のMAC、MACff、冒険MAC、縦型MAC、powerMAC、
・・・etc・・・最期はHI-FIMACデシタ!

縦mac
ちなみに・・冒険MAC(左)、縦型MAC(MACGT)(右)



三菱さんデス。
三菱ジーガム
三菱は、あのBCLの名機「ジーガム」の名のままラジカセ戦争に参戦して
オリマシタ。
BCL程、注目を集められず苦戦を強いられます・・・



シャープさんデス。(フラットさんじゃあありません。)・・知らんか。
シャープgf33m

シャープさんはこのGFというシリーズを一貫して通します。

シャープgf77m
この頃は苦戦シマスガ・・
後に白物家電老舗メーカーの底力をミセマス!



三洋さんデス!
三洋パルサー

三洋レック
三洋さんはRECという、これまたズバリの名で勝負しましたが・・
以下同文デス・・・


さてさて、こうして「第一次ラジカセ大戦・モノラル戦」は終焉を迎えます。
これから始まる「第二次ラジカセ大戦・ステレオ戦」は、これ以上に
過酷な戦いとなったのは、皆さんもご存知のとおりデス・・・


この記事は予約投稿デス。 お返事には時差が生じます・・ゴメンネ!

尚、次回の「三丁目のラジカセ・戦略」(仮称)は、農作業の為・・
CM2の後で!(2日休みをクレェ!!)

お楽しみに!!


tdkカセットイラスト
あ、ここ押してミテネ!!



そして、もう一度お読み返しクダサイ・・・・↑

オートリピート機構付きデス・・・爆!!

スポンサーサイト

COMMENT

POST COMMENT


TRACKBACK

TRACKBACK URL

↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。