三丁目の少年スポーツ車(デコチャリ)

| EDIT

私、そろそろ大台です・・・。
昭和の人間です・・・。あ、殆ど皆そうか・・・(笑)

1970年代に子供だった私は、その頃の画像がたまらなく好きです。



今は、便利な時代です。ネットでそんな懐かしの画像が見放題!!
気に入った画像は、
「昭和レトロ」と名付けたホルダーに収集していますヨ。



特に良いものは、プリントして部屋に飾ります。
お陰で、この頃私の部屋は
今流行りの昭和風居酒屋の様になってマス・・(笑)

画像は、小フォルダーに分類して・・
例えば、映画ポスター、ホーロー看板、
特撮ヒーロー・バイク・車、家電、等々・・・



その中で、「憧れた物達」というホルダーがあります。

昭和87年2月8日(本館にて掲載)



今回は、その中から自転車のネタをご紹介しましょう。

自転車・・・正確に言うと、サイクリング自転車(少年スポーツ車)です。
当時、小学生~中学生の絶対的な憧れの存在・・デシタ!!

高度経済成長期、子供向けの自転車はとにかくコテコテの機能満載!
各社、その機能を「コレデモカーーーッ!!」と競っておりました。

家計の事など知らない子供達は、そんなサイクリング車に夢中になり、
無理なおねだりをするのでアリマシタ・・・。(笑)
「○○ちゃんと、○○ちゃんは買ってもらったよーーーっ!!」って。


このポスターが、当時のサイクリング車を良く表現しています。

これは、カワムラのダイバー・・。洗車OK??って、
当時ほとんどが鉄製で・・これまた良く錆びたんですよ。
ステンレス素材を取り入れた優秀な自転車でした。
少し先輩の愛車でした。

値段も注目しておいて下さい・・。


渋いところで、ミヤタのサリー。ブラックマスク・・
ライバルが乗ってました。(笑)


富士のジェトファイヤー5。これも私のライバル(親友)の愛車。


ナショナルのエレクトロボーイZ・・
お兄ちゃんと兼用で友達が乗ってました。(泣)


さて、当時の私の愛車・・ブリジストンのアストロG。懐かしい!!

何故かこの自転車が一番好きでした。両親におねだりし続ける事一年・・
買ってもらった時の喜びは今でも忘れていません。

当時、このタグイの「少年スポーツ車」は非常に高価で、4万~5万・・
でも、ほとんどの子供達が乗り回していました・・。

多分、月給の1ヶ月分ほどの出費だったのではないでしょうか・・
少なくとも我が家では・・・。

親は、時代を越えて尊敬されなければなりません。うん。


さて、こんな画像を収集していると当時知らなかった世界も知れて・・
あーーー面白っ!!


「少年スポーツ車」の変遷です。

後部フラッシャーを導入した初期のモデル・・??
この頃までは、自転車を前から写すのが普通でした。
その後、後部フラッシャー戦争が勃発(笑)し、
自転車は後ろから撮るものとなります・・・。


丸石のヤングホリデイ。初めて方向指示器を
「フラッシュ」と命名したそうです。


後部からの写真のハシリです。・・まだフラッシャーが可愛いもんです。
そして、この様な色も段々と消えて行き、黒と銀の世界に突入して行きます。


私達世代よりも、少し先輩のモデル。まだ、前と後ろの「売り」が同等の頃デス。


まだまだ大人しいですね。


さて、遂にフラッシャー戦争勃発です。(笑)

僕のは・・・・そうです!多けりゃ良いんです!!


超ド級!!(死語デス)・・自転車を売っているのか?何を売っているのか??


ジャンボ(死語デス)です! そうです。大きい事はイー事なんです!!


熱き想いをふり捨てて・・男十四の帰り道・・任侠映画カっ!!
フラッシャーの仁義なき戦い・・デス!

さて、懐かし画像を収集していると、へぇーーこんなんあったの???
という珍品に出くわす事もシバシバで・・・・


山口ベニー・・知らんかった!! 半世紀知らんかった!!


ゼブラケンコー・・以下同文・・・。

アラヤツバメ・ビッグセレクター
アラヤ・ツバメ・・・アラヤダ!!

カクシテ、「少年スポーツ車」はその過激な戦争を数年間繰り広げ・・・
後に、時代は「シンプル」を求める様になり・・・・・。


終戦期のモデル・・・価格は6万を超えた・・・

あいつにはゆすれない=あいつには、恐喝はできない×
あいつにはゆずれない=あいつには負けられない○
(画像の端が切れて、濁点が見えません・・・)

いつしか、コテコテの自転車は「ダサイ」・・ものになり・・・
子供達は、自分でフラッシャーを外して乗る様になり・・・
親は、開いた口が塞がらなくなり・・・(爆!)

メーカーも次々と「後部フラッシャーの無い」ニューカマーを
世に送り出して行きます・・・


第二次少年スポーツ車大戦(前照灯、ブレーキ、変速段数戦争)勃発です。
当然、自転車は前から撮るものに戻ります・・・・。



後部は、出来る限りシンプルに・・前照灯はリトラクタブル、
ブレーキは全天候型(ディスク・ドラム)、変速段数はより多く・・


すごいヤツは、ヘッドが違う・・・コラ!!責任者出て来い!!

車体のカラーリングも、判で捺した様な黒と銀から、


当時流行したスーパーカーのカラーを取り入れるものも現れ・・

あの、デコトラの様な「少年スポーツ車」はこの国から居なくなります。


そして、私達デコトラ世代は、次々と出てくるカッコいい後輩の愛車を
指を銜えて拝む事になる訳デス・・(笑)

(私のかつての相棒・・アストロG画像その2)


でも、こうして当時の画像を見ると、あの時の景色・感触・匂い・が・・

そういえば、痴呆老人に懐かしい物を見せると脳が活性化するって・・。
それを「回想法」・・って言うらしいけど・・・

それ?

スポンサーサイト

Category: デコチャリ

COMMENT

カワムラダイバー(笑)

カワムラダイバーで検索して辿り着いた者です。
昭和デコチャリの数々、あまりにも懐かしくて涙ぐんじゃいました。
カワムラダイバーは確か、フォグランプみたいなのがカッコ良くて、ずいぶん欲しがった覚えがあります。
昭和バンザイ!

PALTAN星人 #WSoJC3ic | 2016.03.03(Thu) 22:37 | URL | EDIT

PALTAN星人様、ありがとうございます。

古い記事への丁寧なコメントを頂き、大変ありがとうございます。

デコチャリ全盛期の、名車中の名車ですねぇダイバーは。笑。

私も、憧れの1台でした。

デコチャリで野山を駆け回り、見た景色、嗅いだ匂い、聞いた音、触れた感触・・・

良き想い出であり、私の人生の背骨の様な時間でありました。

今でも、あのチエーンオイルの臭いが脳裏から離れないのです。笑。

ありがとうございました。

vさん #- | 2016.03.08(Tue) 20:54 | URL | EDIT

POST COMMENT


TRACKBACK

TRACKBACK URL

↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。