青春の影

| EDIT

「青春の影」(せいしゅんのかげ)は、
1974年6月5日に発売されたチューリップの通算6枚目のシングル。


「心の旅」から、しばらくアイドル路線を走っていたチューリップが、
そのイメージを払拭し、自分達が目指していた本来の音楽に路線修正
するために発表したバラードナンバー。アルバム『TAKE OFF(離陸)』
からのシングルカットだが、テイクが異なっている。

青春の影

この曲のリリースに周囲は大反対だったというが、ビートルズに倣って
基本的にシングル曲はアルバムに入れないというコンセプトに反してまでの
メンバーの固い意志により、発売が決定した。
ボーカルもそれまでの姫野達也から財津和夫へ変更している。
結婚式などで歌われることも多いが、
別れの歌とも始まりの歌ともとれる内容である。
JASRACのデータベースによれば、副題は「I'll always remember you」である。

財津によると、「歌詞はビートルズの「The Long And Winding Road」
をモデルにした」としている。

スポンサーサイト
Category: 昭和の名曲

花嫁

| EDIT

「花嫁」(はなよめ)は、はしだのりひことクライマックス名義のファースト・シングル。
1971年1月10日発売。発売元は東芝音楽工業(現:EMIミュージック・ジャパン)。

hanayome[1][1]

ギターのイントロから始まる、70年代フォークソングを代表する楽曲のひとつ。
ヴォーカルは、藤沢ミエ。
暗いイメージのある駆け落ちを明るく前向きに表現した楽曲である。
1971年2月15日・22日付のオリコン週間ヒット・チャートで
2週連続第1位を獲得したほか、同年の年間ヒットチャートで第7位を記録した。
累計売上はミリオンセラーを記録。

本シングルのヒットにより、大晦日放送の『第22回NHK紅白歌合戦』
に初出場を果たした。
メイン・ヴォーカルが女性の場合、リーダーや他メンバーが全員男性でも
紅組になることが多いが、本グループは白組として出演した。
紅白での歌唱映像は、民間放送で本楽曲が紹介される際に貸し出されることがある。

多摩地区にある家具店「村内ファニチャーアクセス」のコマーシャルソングに
起用されていたことがある。

byウィキペ

Category: 昭和の名曲
↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。