冷たい雨

| EDIT

ハイ・ファイ・セット (Hi-Fi Set) は、日本のコーラスグループ。1974年結成、1994年解散。

フォークグループ「赤い鳥」が路線上の違いから1974年9月に解散。
「赤い鳥」のメンバーだった山本潤子(旧姓、新居潤子。1973年4月メンバーの山本俊彦と結婚)、
山本俊彦(1947年2月23日 大阪市出身)、大川茂(1945年9月6日 三重県出身)
の3人が同年10月に結成した。グループ名は細野晴臣の案による。

冷たい雨

1975年、「卒業写真」(、編曲:服部克久)と同名のアルバムの
同時リリースでレコード・デビュー。

以降「冷たい雨」「朝陽の中で微笑んで」など、荒井の曲を数多くヒットさせ、
後に松任谷自身のセルフ・カバーにより人気を引き上げる役割を果たした。

byヴィキペ

スポンサーサイト
Category: 昭和の名曲

遠くへ行きたい

| EDIT

『遠くへ行きたい』(とおくへいきたい)は、読売テレビを制作局として
日本テレビ系列で放送されている紀行番組。
1970年(昭和45年)10月4日放送開始の長寿番組である(一部地域のみ字幕放送)。

当時の国鉄のキャンペーン『ディスカバー・ジャパン』の一環として1970年10月4日に、
永六輔の単独出演で放送を開始。開始当初のタイトルは「六輔さすらいの旅・遠くへ行きたい」。
放送時間は毎週日曜日の午後10時30分 - 11時00分(1976年3月28日まで)だった。
旅番組で有数の長寿を誇っており、2010年10月に放送開始40周年を迎え、
また同年3月28日放送分で放送2000回を迎えた。

20111007_5aeb78[1]

番組のテーマ曲「遠くへ行きたい」(作詞:永六輔、作曲:中村八大)は、
元々は1962年にNHKの『夢であいましょう』の今月の歌としてジェリー藤尾が歌った曲だったが、
この番組ではデューク・エイセスが歌った。
その後、時代とともにさまざまなジャンルの歌手に歌い継がれている。
なお、尺八で演奏されたインストバージョンもあり、こちらも番宣CMや永のラジオ番組
『誰かとどこかで』(TBSラジオ)等で使用されている。

旅した都道府県ベスト10
1位 北海道 111回
2位 長野県 110回
3位 静岡県 82回
4位 京都府 80回
5位 新潟県 68回
6位 青森県 56回
7位 兵庫県 54回
8位 長崎県 51回
9位 奈良県 岐阜県 49回
※第1740回まで

byヴィキペ

Category: 昭和の名曲

秋桜

| EDIT

「秋桜」(コスモス)は、1977年10月1日にリリースされた山口百恵の19枚目のシングルである。

山口百恵の数多いヒット曲の中でも代表曲の一つとされ、「日本の歌百選」に選ばれている。
作詞・作曲を担当したさだまさしの代表作の一つでもある。

秋桜

山口百恵盤リリースの約半年後、作者であるさだまさし自身がアルバム
『私花集』(1978年3月25日リリース)でセルフカバーした。
オリジナルは山口盤ではあるが、山口は1980年に引退したため
以降、本作はもっぱらさだによって歌われている。
そのためオリジナルが「さだ」で、かつて山口がカバーしたと誤解を受けていることがある。
また中森明菜や福山雅治、平原綾香などポップス・演歌・クラシック等のジャンルを問わず
数多くの歌手によりカバーされている。

byヴィキペ

Category: 昭和の名曲
↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。