夏休み

| EDIT

「夏休み」(なつやすみ)は、吉田拓郎の楽曲。
1971年に発表され、その後も様々なバージョンがアルバムに収録されている。
また、1989年にシングルとしてCBSソニーからリリースされた。

吉田拓郎 夏休み[1]

この曲はライブ・アルバム『よしだたくろう オン・ステージ ともだち』で初めて発表された。

拓郎が谷山町立谷山小学校(現在の鹿児島市立谷山小学校)に在籍していた
1950年代前半の鹿児島の夏の情景を実体験を元に描いた曲である。

コンピレーションアルバム『夏歌2』にも収録されるなど日本の夏を歌った
代表的な楽曲の一つとされており、様々なアーティストによってカバーされている。

他アーティストによるカバー
坂上香織(1989年、アルバム『夏休み』収録)
メロン記念日(2002年、アルバム『FOLK SONGS 2』収録)
平川地一丁目(2005年、シングル『十六度目の夏』収録)
熊木杏里 (2008年、アルバム『吉田拓郎トリビュート〜結婚しようよ〜』収録)
三瓶由布子 - アニメ『夏のあらし! 〜春夏冬中〜』挿入歌
(2009年、アルバム『歌声喫茶方舟 〜アキナイチュウ〜』に収録)。
高垣彩陽 - アニメ『夏色キセキ』挿入歌(2012年)。

byヴィキペ

スポンサーサイト
Category: 昭和の名曲
↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。