「寺内貫太郎」にみる、「日本の父親像」の一考察

| EDIT

『寺内貫太郎一家』(てらうちかんたろういっか)は、
1974年にTBS系列の水曜劇場枠で放送され、平均視聴率31.3%を記録した人気テレビドラマ。

img1d6dcd9bzik5zj[1]

昭和の東京下町、石屋を営む一家とそれを取り巻く人々との
人情味溢れる毎日を、コメディータッチで描いた。
『時間ですよ』、『ありがとう』と共に1970年代を代表する国民的ホームドラマである。
向田邦子脚本、久世光彦プロデュース、小林亜星主演。
byヴィキペ

スポンサーサイト
↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。