三丁目のBCL・・・その後「とりあえずの最終章」

| EDIT



さて、「BCL1000日戦争」がその後どうなったのかと申しますと・・

1975年4月にNationalがクーガ115を大ヒットさせたのを、
天下のSonyがただ黙って見ている筈がありません。


スカイセンサー5900 (写真手前)

同、1975年10月の事、クーガ115の刺客として登場したのが、
これも又、後に名機と謳われるSonyスカイセンサー5900でありました。

価格も27,800円と、ライバル「クーガ115」を非常に意識した設定で、
Sony特有の縦長デザインを踏襲するものの、
当事のラジオとしては異質な
「カーボングレー」の色調を取り入れた、斬新なモデルでありましたアー!
「アーベンベン!!」  (講談師のツモリ・・) 知らんか・・。

昭和87年3月13日(本館にて掲載)

三丁目のBCL・・・その後「続章」

| EDIT


ビタースイートサンバ・・BGMにドウゾ!

言い訳をしますネ!!

BCLラジオって、未だマニアが居るんだローか?
居るとすれば、オークションでこいつらが取引き
されているんだローか??

クーガ115DSC00663
クーガ115DSC00663 posted by (C)vf1000rr

と素直に疑問を抱いた訳デスヨ!!

そしたら・・・案の定・・あしたのジョー!!
あるわあるわ!!!
そりゃソーデスヨ・・如何に「短命」だったとはいえ・・
当時の中高生は殆どが持ってましたからネ!
あるところには、あるんです!!

で、つい指が滑って・・ポチっ!!と・・

昭和87年3月10日(本館にて掲載)

三丁目のBCL・・・その後「序章」

| EDIT

さて、BCLのおさらいですが・・・

BCL (びーしーえる)とは、
Broadcasting Listening / Listenerの頭字語である。
放送(特に短波による国際放送)を聴取して楽しむ趣味を指す。
日本では1970年代に中学生・高校生を中心として一大ブームが起った。

byウィキペ


スカイセンサー5600(ICF-5600) 1974年発売(当時の愛機・・)

近所のお兄さんに触発(洗脳)された小学六年生は、
お兄さんの言うまま・・・

「僕、中学生になったら一生懸命英語勉強スルカラ・・
・・・だから・・ソニーのラジオ買ってーーー!!」

と親にネダルのでありました・・。
昭和87年3月7日(本館にて掲載)

三丁目の・・・BCL

| EDIT

さてさて、三丁目・・をシリーズ化しようと思ってます。

勿論、不定期で・・。ボケ防止の一環で・・。



前回、私の小学校高学年頃の「デコチャリ」をご紹介しましたが、

今回は中学生時代の、
極僅かな期間に大ブームを巻き起こしたBCLデス!



BCL (びーしーえる)とは、
Broadcasting Listening / Listener
の頭字語である。
放送(特に短波による国際放送)を聴取して楽しむ趣味を指す。
日本では1970年代に中学生・高校生を中心として一大ブームが起った。

byウィキペ

私的に言うと、
BCLラジオ紛争(第一次ラジカセ大戦前戦)とでも言いましょうか・・

ビッグベン・・・カワセミの声・・・ワカルカナ??ワカンネーダローナー
                        ↑
                 これ自体、ワカンネーダローナー・・

昭和87年2月16日(本館にて掲載)

三丁目の少年スポーツ車(デコチャリ)

| EDIT

私、そろそろ大台です・・・。
昭和の人間です・・・。あ、殆ど皆そうか・・・(笑)

1970年代に子供だった私は、その頃の画像がたまらなく好きです。



今は、便利な時代です。ネットでそんな懐かしの画像が見放題!!
気に入った画像は、
「昭和レトロ」と名付けたホルダーに収集していますヨ。



特に良いものは、プリントして部屋に飾ります。
お陰で、この頃私の部屋は
今流行りの昭和風居酒屋の様になってマス・・(笑)

画像は、小フォルダーに分類して・・
例えば、映画ポスター、ホーロー看板、
特撮ヒーロー・バイク・車、家電、等々・・・



その中で、「憧れた物達」というホルダーがあります。

昭和87年2月8日(本館にて掲載)

Category: デコチャリ
↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。